犬猫にマイクロチップ埋め込み方法や義務付け法律の内容や罰則は

犬や猫に所有者の情報を記録した「マイクロチップ」装着を義務付けることなどを柱とする改正動物愛護法が2019年6月12日、参院本会議で全会一致で可決、成立。飼い主がペットを安易に捨てることを防ぐほか、災害などで迷子になった際に役立つことになりそうです。

「マイクロチップ」は世界中に普及している個体識別を行うためのとても小さな電子機器(ICタグの一種)で、動物の体に直接埋め込んで使用可能となっています。

■埋め込み方法は


装着部位は犬や猫の場合「左側肩甲骨皮下組織」が一般的です。注射と同じ要領で皮下に埋め込みます。これは診療行為ですので、獣医師が行います

注射をする程度の痛みはありますが、強い苦痛を与えるようなことはありません。通常、鎮静剤や麻酔の必要はないとされていますし、毛を剃る必要もありません

いよいよこういう時代がやってきたのです。

 

内部にはICチップとアンテナが入っており、体に悪影響を及ぼさないよう生体適合ガラスで覆われ、密封されています。

大きさは8~12mmと小さく、円筒状です。安全性は保障されていますし、犬猫への国内での副作用の報告はありません。

また、診察への影響もほとんどありません。レントゲンやCT検査も問題ありませんが、MRI検査ではマイクロチップの周囲5cm程度に画像の乱れが見られることがあります。

ICチップに記録されるのは(日本では)15桁の数字です。これを専用のリーダーで読み込み、別途管理されているデータベースに照合して、登録情報を検索できるシステムです。つまり、マイクロチップは入れるだけでは意味がありません

データベースに情報の登録をしないといけないのです。実際、東日本大震災ではマイクロチップは入っていたものの、登録が無かったために結局飼主が判明しなかったケースがありました。

因みに、狂犬病予防法に基づく市区町村への登録は、日本で飼われている全ての犬に必要な義務であり、マイクロチップの登録とは別のものですので、登録の代わりにはなりません

この15桁の数字は国コード、動物コード、販売会社コード、個体識別番号によって成り立ち、重複することはありません。世界に唯一のものです。日本国内ではISO(国際標準化機構)規格で統一されているので、例えメーカーが違っても読み取ることが出来ます

海外ではヨーロッパ、オセアニア、アジアの一部もISO規格が同じなので読み取り可能ですが、アメリカや台湾などでは異なるISO規格のものが流通しているので、読み取れない可能性があります。
番号は専用のリーダーを装着場所にかざすだけで読み取れます。

装着部位は犬や猫の場合「左側肩甲骨皮下組織」が一般的です。注射と同じ要領で皮下に埋め込みます。これは診療行為ですので、獣医師が行います。注射をする程度の痛みはありますが、強い苦痛を与えるようなことはありません。通常、鎮静剤や麻酔の必要はないとされていますし、毛を剃る必要もありません

 

改正動物愛護法の概要

改正動物愛護法は他に、出生後56日(8週)たっていない犬や猫の販売を原則禁止。現行法にも同じ規定はあるが、ペット業者らの要望を踏まえ、経過措置として「49日(7週)」とされていた。
動物の虐待への罰則も強化。現行は、動物を殺傷した場合「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」を科しているが、「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に引き上げる。
原則、公布から1年以内に施行するが、マイクロチップの義務化は3年以内、「56日」規制は2年以内とする。

関連記事

川西英治(工房スイーピー)の場所や犬用歩行器の価格は【坂上どうぶつ王国】